TOP将来に備える年金コーナー ≫ 役に立つ年金豆知識
インターネットバンキング

個人のお客さま

法人のお客さま

都留信用組合Facebook

PhishWall

スマートフォンサイト

都留信用組合 スマートフォンサイトQRコード

つるしんのサービス

ATMのご案内

店舗のご案内

手数料のご案内

キャンペーン情報

金利情報

年金コーナー

起業支援 お気軽にご相談下さい

採用情報はこちらから

つるしんインフォメーション

つるしんの概要

地域密着型金融推進計画

ディスクロージャー

つるしんのマスコット「じゃがくん」

ピーアール

「リンカーズ株式会社との業務提携」について

財務局・財務事務所の金融円滑化相談窓口

中小企業・小規模事業者試作開発等支援 ものづくり試作開発

でんさいネット 全国銀行協会の電子債権記録機関

東京国税局 e-Tax情報

年金を確実に受け取るための4つのポイント

  1. あなたが加入している年金は何年金ですか?
    現在の年金制度では、まず20歳から60歳までの全国民が国民年金に加入しています。
    更にサラリーマンは厚生年金、公務員は共済年金に加入しています。
    つまり、自分が加入している年金をいう場合は、「国民年金のみ」「国民年金と厚生年金」「国民年金と共済年金」のどれかになります。自分がどの公的年金に加入しているかをしっかり確認しましょう。
  2. 年金は老後だけではありません
    年金は所定の年齢になったら支給されます。
    しかし、それだけではありません。病気や怪我をして障害が残ったときには障害年金が、そして一家の主が亡くなったときには、遺族年金が支給されます。
  3. 最低25年は加入しないと年金は支給されません
    年金には受給資格期間というものがあります。
    つまり、国民年金の保険料を決められた期間以上納めなければ、何の年金も支給されないというわけです。生年月日によっては短縮される特例がありますが、25年間の保険料納付が基本です。
  4. 年金は請求しないともらえません
    年金は「もらいたい」と自分で請求しなければ永久にもらえません。
    支給される条件が整いましたら下記の場所にまずご請求ください。
  • 国民年金だけに加入の方…住所地のある市町村役場
  • 最後が厚生年金に加入していた方…勤務先を統括する社会保険事務所
  • 最後が国民年金か共済年金に加入していた方…住所地のある社会保険事務所
  • 共済年金のみの方…共済組合