TOPつるしんの概要 ≫ 都留信用組合概要
インターネットバンキング

個人のお客さま

法人のお客さま

都留信用組合Facebook

PhishWall

スマートフォンサイト

都留信用組合 スマートフォンサイトQRコード

つるしんのサービス

ATMのご案内

店舗のご案内

手数料のご案内

キャンペーン情報

金利情報

年金コーナー

起業支援 お気軽にご相談下さい

採用情報はこちらから

つるしんインフォメーション

つるしんの概要

地域密着型金融推進計画

ディスクロージャー

つるしんのマスコット「じゃがくん」

ピーアール

「リンカーズ株式会社との業務提携」について

財務局・財務事務所の金融円滑化相談窓口

中小企業・小規模事業者試作開発等支援 ものづくり試作開発

でんさいネット 全国銀行協会の電子債権記録機関

東京国税局 e-Tax情報

項目 内容
創立
昭和27年3月8日
本店所在地
山梨県富士吉田市下吉田二丁目19番11号
事業内容
中小企業等協同組合法に基づく金融業務全般/預金、融資、為替、その他サービス業務
事業所
富士吉田市を中心として近郊市町村に22店舗
代表者名
理事長 細田 幸次 
組合員数
49,922人
出資金
6,647百万円
預金残高
2,791億円
貸出残高
1,601億円
職員数
327名

(平成29年3月末現在)

経営方針

 地域金融機関としてのつるしんは、協同組織金融機関としての使命を忘れず、郡内地域をこよなく愛し、限定された地域の中にあって、そこに居住する全ての生活者の豊かな暮らしと、そこに展開する全ての事業者の繁栄を願い、地域社会の中核として地域と共に歩み地域社会の発展に貢献いたします。
本店全景

経営戦略

第十七次中期2ヶ年計画(平成29年度~30年度)

  1. 相互扶助の実践
  2. 経営の健全性の確保
  3. 組織力の強化
  4. ガバナンスの強化

都留信用組合の歩み

日付 項目
昭和27年3月 山梨県認可第1号信用組合として富士吉田市下吉田38番地にて都留信用組合創業
初代組合長渡邊新
昭和28年3月 北都留郡上野原町上野原2026番地にて上野原信用組合創業
昭和28年7月 本店新築移転(富士吉田市下吉田294番地へ)
昭和37年5月 現本店を現在地に新築移転
昭和45年5月 石原茂専務理事が理事長に就任
昭和46年4月 創立20周年記念式典挙行
昭和46年12月 本店ビル増改築(5階建てに)
昭和52年6月 預金500億円達成
昭和54年6月 預金オンラインシステム稼動
昭和56年10月 融資オンラインシステム稼動
昭和57年5月 創立30周年記念式典挙行
昭和57年9月 預金1000億円達成
昭和59年4月 為替オンラインシステム稼動
昭和63年12月 石原茂理事長退任理事会長へ、新理事長に渡邊彬就任
平成3年3月 預金2000億円達成
平成3年5月 新事務センター完成
平成6年8月 合併登記(都留信用組合と上野原信用組合が合併し「都留信用組合」として新にスタートする)
平成10年5月 信組共同センターへ加盟
平成13年6月 創立50周年記念式典挙行
平成16年10月 四方津支店を上野原支店に統合
平成17年10月 富浜支店を猿橋支店に統合
平成18年6月 富士河口湖エリア制スタート
平成19年2月 富士吉田南西エリア制スタート
平成19年5月 第5次SKCオンラインシステムスタート
平成19年5月 創立55周年記念式典挙行
平成19年6月 渡邊彬理事長退任、理事会長へ、新理事長に渡邊征夫就任
平成20年3月 ローン・年金相談コーナー「つるしん愛のベル」開設
平成20年4月 富士吉田南支店、富士吉田南西エリアより独立
平成20年9月 為替代行発信(OCR)新システムスタート
平成20年10月 渉外支援システム(PDA)スタート
平成20年12月 河口湖北支店を河口湖支店に統合
平成21年9月 大月西支店を大月支店に統合
平成22年2月 小立支店、富士河口湖エリアより独立
平成22年12月 渡邊征夫理事長退任、新理事長に細田幸次就任
平成23年2月 道志村指定金融機関業務取扱開始
道志村役場前ATM稼動開始
平成25年2月

でんさいネットサービス開始

平成29年2月 上野原支店新築移転(上野原市2008番地3へ)
平成29年6月    鳴沢支店を小立支店に統合   小立支店新築移転(富士河口湖町小立8006-1へ)