TOP重要な指針等 ≫ 個人情報のお取扱いについて
インターネットバンキング

個人のお客さま

法人のお客さま

都留信用組合Facebook

PhishWall

スマートフォンサイト

都留信用組合 スマートフォンサイトQRコード

つるしんのサービス

ATMのご案内

店舗のご案内

手数料のご案内

キャンペーン情報

金利情報

年金コーナー

起業支援 お気軽にご相談下さい

採用情報はこちらから

つるしんインフォメーション

つるしんの概要

地域密着型金融推進計画

ディスクロージャー

つるしんのマスコット「じゃがくん」

ピーアール

「リンカーズ株式会社との業務提携」について

財務局・財務事務所の金融円滑化相談窓口

中小企業・小規模事業者試作開発等支援 ものづくり試作開発

でんさいネット 全国銀行協会の電子債権記録機関

東京国税局 e-Tax情報

都留信用組合
平成22年8月6日


 都留信用組合では、お客さまからの信頼を第一と考え、個人情報の適切な保護と利用を図るために、個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)および金融分野における個人情報保護に関するガイドライン、その他の関係法令等を遵守するとともに、お客さまの個人情報の適正な取扱いに努めます。そのため、個人情報の機密性・正確性の確保に努め、個人情報の適切な保護と利用に関し個人情報保護宣言(プライバシーポリシー)を制定し、公表いたします。

  • お客さまの個人情報保護に関する個人情報保護宣言(プライバシーポリシー)
  • 「個人情報の保護に関する法律」に基づく公表事項
     都留信用組合は、個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)に基づき、以下の事項を公表いたします。
    1. 個人情報の利用目的に関する事項(法第18条1項)
    2. 個人データの共同利用に関する事項(法第23条4項3号)

      (1)全国銀行個人信用情報センター会員等との官報情報の共同利用

       当組合は、当組合が加盟する個人信用情報機関の会員等との間で、下記の内容において、個人データの共同利用を行っております。なお、平成17年4月1日以降のローン契約においては、お客さまの同意をいただく手続といたしております。
      項目等 内容
      共同利用する
      個人データの項目
      官報に掲載された情報(氏名、住所、破産等の旨、日付等)
      共同利用者の範囲 全国銀行個人信用情報センターの会員および全国銀行協会(注)全国銀行個人信用情報センターは全国銀行協会が設置・運営する個人信用情報機関で、その加盟資格は次のとおり。
       (1)全国銀行協会の正会員
       (2)上記(1)以外の銀行または法令によって銀行と同視される金融機関
       (3)政府関係金融機関またはこれに準じるもの
       (4)信用保証協会法(昭和28年8月10日法律第196号)に基づいて設立された信用保証協会
       (5)個人に関する与信業務を営む法人で、上記(1)から(3)に該当する会員の推薦を受けたもの
      利用目的 全国銀行個人信用情報センター会員における自己の与信取引上の判断のため
      個人データの管理について
      責任を有する者の名称
      全国銀行協会
      (2)各地手形交換所参加金融機関等との不渡情報の共同利用
    3. 個人情報の第三者提供先